乳腺外科について

女性イメージ写真

乳腺外科では、乳腺に関する全般的な診療をいたします。
乳房にしこりがある、乳汁が出る、乳房が張った感じがするなど、乳腺に関して少しでも気になる症状がみられたら、一人で悩まず、お気軽にご相談ください。

代表的な症状

  • 乳房にしこりを触れる
  • 腋の下にしこりを触れる
  • 乳房が赤く腫れている
  • 乳房が熱をもっている
  • 乳房に痛みがある
  • 乳房が張った感じがする
  • 乳房の皮膚にへこみやひきつれがある
  • 腕を上げると乳房にひきつれ感が生じる
  • 乳首から分泌液(赤・褐色)が出る
  • 乳首にただれが見られる
  • 乳がん検診を受けたい
  • 健(検)診などで要再検査と言われた
  • 乳がん手術等の治療を受けたので経過観察をしてほしい など

乳がん検診を行います

当クリニックでは、乳がん検診や乳腺の精密検査を行っています。
乳がん検診では、視・触診と乳腺エコーを実施しています。
マンモグラフィーやMRIによる検査が必要と判断した場合は、これらの検査機器が備わっている医療機関を紹介いたします。
検査の結果、乳がんの治療が必要となった場合は、他院と連携したうえで、しっかり治療ができる環境づくりに努めます。

乳腺エコー(乳腺超音波検査)

乳房にゼリーを塗り、プローブと呼ばれる探触子を直接肌に当てることで、乳房内部からの反射波(エコー)を画像化し、乳腺の状態を調べる検査になります。
リアルタイムで映像が表示され、様々な角度から観察することが可能で、乳房にある腫瘤を見つけることができます。検査時間は15分ほどです。

検査画像では、乳腺は白く、がんは黒く描出されます。
検査時に痛みは無く、体への負担もほとんどありません。
これは数ミリの小さなしこりを見つけ、しこりの中身もわかる検査です。
またX線検査のように被爆をすることも無いので、妊娠中に検査をしても安全に行えます。
ただ、細かい石灰化(カルシウムの沈着)や性状および範囲の確認はできません。
石灰化の良・悪性の判別に関しては、マンモグラフィー検査で確認します。

肛門外科について

肛門イメージ写真

肛門外科で診療する主な疾患は、痔核(いぼ痔)、裂肛(切れ痔)、痔瘻(あな痔)などです。
症状としては出血、痛み、肛門の痒み、残便感などがあります。
治療には薬物療法、手術療法があり、正確な診断をした上で、最も適切な方法を選択します。
場所が場所なだけに、なかなか相談に来られず、ひとりで悩んでいる方も少なくないかと思いますが、直腸がん、肛門がんなど、重篤な病気が隠れていることもありますので、恥ずかしがらず、お気軽にご相談ください。

肛門外科の代表的な疾患

  • 痔核(いぼ痔)
  • 内痔核
  • 裂肛(急性裂肛・慢性裂肛)
  • 痔瘻(じろう)
  • 肛門ポリープ
  • 肛門皮垂(スキンタグ)
  • 肛門周囲皮膚炎