当院の内視鏡検査(胃カメラ)の特徴

当院では『苦痛が少ない』『精度の高い』内視鏡を行います。

苦痛の少ない検査の為の当院の特徴

  1. 内視鏡専門医による施行
  2. ウトウトした状態で検査
  3. 二酸化炭素ガスの使用
  4. オリンパス社製 最新細径ハイビジョン内視鏡

患者様の状態や予定に合わせた検査の為の当院の特徴

  1. 週末の検査が可能
  2. 上・下部内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)同日の検査が可能
  • ▼お電話による予約 03-3657-0120
  • ▼メールによる予約 メールでしたら仮予約が24時間受付可能です

内視鏡専門医による施行

内視鏡専門医

内視鏡専門医であり、消化器外科医として20年以上内視鏡検査を行っていた経験から苦痛の少ない、精度の高い内視鏡を行います。
当院の内視鏡は院長が丁寧な手技を心がけて行います。

ウトウトした状態で検査

ウトウトする薬のイメージ写真

内視鏡時に『おぇっ!』となるのが苦手な患者様も多いと思います。
当院では検査前に鎮静剤に関するカウンセリングを行い患者様の希望や全身状態に合った鎮静剤(ウトウトする薬)を選び寝ている間に検査が終われる様に適切な鎮静剤を投与することが可能です。
※鎮静剤の希望がない患者様には鎮静剤の使用は行わないことも可能です。

二酸化炭素ガスの使用

二酸化炭素ガス

胃カメラでは検査中に胃に空気を入れ、胃を膨らませながら検査をします。
当院では空気の代わりに二酸化炭素を用います。
二酸化炭素は空気よりも吸収率が高いので検査後の腹部の張りが少なくなります。
当院では上部内視鏡でも全例に二酸化炭素ガスを使用します。

オリンパス社製最新の細径ハイビジョン内視鏡

ハイビジョン内視鏡

細径内視鏡を使用するので口、鼻どちらからでも内視鏡の挿入は可能です。
通常の内視鏡より細い為、咽頭通過時はだいぶ楽になります。
限られた時間で、より精度の高い検査をするためにオリンパス社製の最新ハイビジョン内視鏡を導入しました。
走査線と水平方向の画素数が大幅に増大したモニターと、ハイビジョン対応の高画質CCDとの組み合わせによって、細径でありながら飛躍的に鮮明な画像が得られるようになり、微細な粘膜構造の変化も観察しやすくなりました。

週末の検査が可能

9:00-14:00 
休診日:水曜・日曜・祝日
受付終了時間は平日18:30、土曜13:30となります。
診療時間
9:00-12:30 × ×
15:00-19:00 × × ×
内視鏡 × ×
日帰り手術 ×

内視鏡検査をご希望の方はぜひご相談下さい。

上・下部内視鏡(胃カメラ・大腸カメラ)同日の検査が可能

内視鏡検査室

当院では、胃カメラと大腸カメラ検査を同日に行うことができます。
お仕事などの都合でなかなか2日間の時間がとれない患者様などは同日の検査が出来ます。
体へのご負担を考慮し高齢の患者様や、全身状態が不良な患者様はお勧めしません。

こんな症状の際に胃カメラをお勧めします

  • 上腹部の痛み
  • 胃の不快感、胸焼け、のどまたは胸のつかえ感
  • 吐き気、嘔吐
  • 黒い便が出る
  • 貧血を指摘されている
  • 体重が急に減った
  • バリウムによる胃の検診で異常を指摘された
  • 過去に胃潰瘍、十二指腸潰瘍になったことがある
  • 肝硬変と言われている
  • 食道がん、胃がんを治療したことがある
  • 胃痛・胃もたれ、胸焼け、のどの違和感
  • 消化器のがんが心配で、早期に発見・治療したい方

上部内視鏡(胃カメラ)検査までの流れ

メールあるいは電話にて仮予約
仮予約はなくても結構です。
外来受診
仮予約の患者様は検査予定日 2日前までに外来受診下さい。
  1. 問診・健康状態のチェック
  2. 検査日の予約(仮予約のない患者様)
  3. 採血
  4. 同意書取得・検査説明
外来受診
検査当日
  1. 準備室にて状態確認
  2. 鎮静剤に関するカウンセリングにて適切な使用量を決定
  3. のど麻酔
内視鏡室へ
  1. 鎮静剤(ウトウトする薬)を希望される方は点滴ルートを確保
  2. 鎮静剤投与
  3. 内視鏡挿入
  4. 検査終了
  5. 鎮静剤に対する拮抗薬(ウトウトを取る薬)
リカバリールームへ
リカバリーソファにて 鎮静剤使用患者様は約1時間程度休憩
ご帰宅
ご帰宅は気を付けてお帰り下さい。
  • ▼お電話による予約 03-3657-0120
  • ▼メールによる予約 メールでしたら仮予約が24時間受付可能です