在宅医療について

訪問診療のイメージ写真

在宅医療とは、体の具合の都合で通院困難な患者様や、退院して自宅療養を行っている患者様に対して、定期的にご自宅や高齢者施設などに訪問し、診療を行うことを言います。

往診と訪問診療を行います

体の具合の関係で通院が困難な患者様や、退院して自宅療養を行っている患者様について、医師が患者様の居宅(ご自宅をはじめご親戚の家、老人ホーム、グループホームなど)に出向いて行う診療が、往診や訪問診療となります。

往診とは

突発的な病状の変化に対して、患者様ご本人やそのご家族などの要請に応じて緊急的に患者様の居宅に出向き、診療をすることです。

訪問診療とは

退院なさった患者様をはじめ、入院することなく住み慣れた場所(ご自宅、施設など)で過ごしながら病気の治療・療養をしたいと希望される方は、少なくありません。
訪問診療とは、病気や障害があっても、ご自宅等にいながらにして医療を受けることができる仕組みであり、通院が困難な患者様のもとに医師や看護師が定期的に訪問し、計画的に治療・看護・健康管理等を行う医療サービスです。
医師・看護師がお住まいを定期的に(通常月2回)訪問し、診察、検査、注射、処置、薬の処方などの治療はもとより、転倒や寝たきりの予防、床ずれ予防、栄養管理などを通じて、予測されるリスクを回避し、入院が必要になるような状態を未然に防ぐように努めます。

往診と訪問診療の違い

患者様やそのご家族などの要請に応じて医師が出向く診療が「往診」(不定期的)であり、あらかじめ医師が診療計画を立て、患者様の同意を得たうえで定期的に患者様のお住まいに出向いて診療するのが「訪問診療」です。
したがって、訪問診療を受けている患者様が訪問予定日でない日に急に具合が悪くなり、医師に来てもらったような場合は、「往診」を受けたことになります。

当クリニックの訪問診療の特徴

当クリニックでは外科医であることを生かした訪問診療を行います。

患者様宅でも、腹水・胸水穿刺などの処置や褥瘡処置や足壊疽などの管理、巻き爪の根治手術、縫合処置など積極的に行なっていきます。
またクリニックの最新機材を生かし、必要性に応じて往診車にて当院まで送迎を行い内視鏡、超音波、レントゲンなどの検査を行うことが可能です。
癌末期の麻薬による疼痛コントロールなども行います。

当クリニックの訪問診療の内容

  • 医師による診療
  • 尿・血液検査
  • X線・超音波などの画像検査
  • 心電図検査
  • 在宅酸素療法(HOT)指導管理
  • 胃ろうの管理
  • 褥瘡(床ずれ)管理
  • 疼痛管理 など